記帳指導

簿記の知識に自信の無いお客様の場合、定期的に訪問し、記帳指導をさせて頂きます。
その際、会計ソフトの導入を検討されている場合には、選定から協力させて頂くことも可能です。

 

 

記帳代行

起業後まもない事業所などで、事業が軌道に乗るまでは、私ども外部の専門家に記帳を代行してもらいたいとお考えの方を対象としています。記帳代行の場合は、毎月お客様から領収証や預金通帳のコピーなどをお預かりし、当事務所で月次の貸借対照表や損益計算書などを作成いたします。重要書類の送受信につきましては、FAXやメールソフトを使用せず、お客様とダイレクトに送受信可能なウェブポストボックスも利用可能ですので、セキュリティ対策も万全です。

 

会計ソフトウェアのご紹介、ご指導もおまかせください

まだ会計ソフトを利用されていないお客様もご安心ください。

当事務所ではJDL(日本デジタル研究所)のJDL IBEX 出納帳をおすすめしています。帳簿データの取引区分から仕訳を自動生成しますので、勘定科目や仕訳のルールに精通していなくても、試算表などの財務帳表が作成でき、財務内容や利益状況の把握が簡単に行えます。ネットバンキングをご利用のお客様は、毎月のデータをCSVデータに変換すれば、瞬時に会計データに取り込めるため入力業務の時間を大幅に短縮でき、また計算間違いが無くなります。

当事務所とのデータ送受信は、メールソフトを操作することなく行うことができ、当事務所から送付される電子化された帳表・資料の受け取りも、システム起動時に自動的に取り込み保管しますので、ネットワークを意識することなく連携した処理が行えます。

最近の記事

  1. 2018.07.27

    SNS連携テスト